導入事例:アサヒ飲料株式会社 群馬工場 様 (簡易版)

導入事例 実績収集システム
製造業ソリューション 製品導入事例 Vol.4

アサヒ飲料株式会社 群馬工場 様

徹底した予防保全で食の安全を守る。
品質向上のために真摯な姿勢で努力を惜しまない。
POINT

• 手書き伝票の電子帳票化
• 品質向上のためのプロジェクト
• 記録遅れを徹底的に防ぐ
• 予防保全としての大きな役割

「安心して飲めるおいしい商品づくりを通じて社会に貢献」

飲料事業の分野で社会や市場の変化に対応し、高品質で安全な商品と真心のこもったサービスの提供を通じて、豊かで健康な食生活の実現に貢献し、限りなく発展する企業を目指しています。

お客様情報

工場所在地 群馬県館林市大新田町166
設立 1982年3月30日
資本金 110億円
従業員数 約3,300 名

導入の背景

全社的にあらゆるデータを電子化しましょう、という動きがあったというのがきっかけでした。
主な目的としては、全体の品質向上が大きなところです。
データの電子化を進める上で、生産設備などのキカイのデータは、比較的簡単に取ることはできたのですが、ヒトが行う作業記録の電子化には至りませんでした。
何とかデジタルデータで取りためたいという思いから、それに適したシステム導入の検討を開始しました。

導入のポイント

今回のシステム導入では、新システム導入時にありがちな、現場の不平や反発などは、ほとんどありませんでした。というのも、システム導入の検討段階から、現場担当者数名に加わってもらい、何度も意見交換をしながら進めました。ディスプレイや操作性についてはかなり、熟考しました。やはり、実際に運用するのは現場担当者ですから、彼らの使いやすいシステムを導入したい、という思いがありました。「現場の意見が反映されている」「現場の声は黙殺されない」という実感があることが大切でした。

導入の効果

手書きの帳票では、異常値の検知から記録までタイムラグが出てしまうことが、何度かありました。
実績班長システムでは、スマホサイズのタブレットに異常発生直後に入力しますので、データのチェック、記録遅れが大幅に減りました。これまで紙の帳票では、急いで記入したり、走り書きになってしまって後から書いた文字が読めない、といったことがあったのですが、電子帳票導入後は活字なので、読めないということがなくなりました。これは、当初狙っていなかった良い効果が生まれました。

さらに詳しい事例を見る
お電話で詳細資料のご依頼ができます。

実績班長 問合せ担当:(050)3818-1780

以下の資料請求フォームより詳細資料のダウンロード請求ができます。

実績班長の製品資料をダウンロードできます。
以下の資料請求フォームよりお申し込みください。
お申し込み後、ダウンロードURL記載のメールを送信しますので、そちらからダウンロードをお願いします。

    資料のご利用目的 (必須)

    お客様情報をご入力ください

    お名前     (必須)
    会社名・団体名 (必須)
    部署名     (任意)
    メールアドレス (必須)
    電話番号    (必須)  例)05038181777
    郵便番号    (任意)  例)4418077
    ご住所     (任意)
    ご質問     (任意)

    個人情報保護方針
    個人情報保護方針に同意する (必須)

    (必須)

    WEBからお問い合わせ