テクノシステム実績班長IoT時代の現場特化型
MESパッケージシステム

課題を解決する毎月の棚卸に時間がかかる

課題一覧はこちら

毎月の棚卸に時間がかかる

  • 棚卸工数削減
  • RFID管理

現場での
お困りごと

  • 同じような大袋に入った材料をフォークリフトで棚上に保管しているため、現物確認するための毎月上げ下げが大変。
  • 同じ材料だが保管場所が分散してしまっている。

実績班長からのご提案

RFID現品票で現物情報を一括スキャン

RFIDを活用し非接触で在庫情報を確認

瞬時に在庫状況が把握できるため循環棚卸の工数を劇的に削減することができます

データ作成工数を削減
情報連携がスムーズになることで材料欠品のリスクを低減できます

ご相談無料 お気軽に
お問い合わせください

データ収集5つのレベルを解説現場デジタル化ホワイトペーパー簡単登録で無料ダウンロード