テクノシステム実績班長IoT時代の現場特化型
MESパッケージシステム

課題を解決する入荷工数削減

課題一覧はこちら

何が入荷されてくるかわからず受入に時間がかかる

  • 入荷工数削減
  • 入荷計画

現場での
お困りごと

  • 入荷する材料の種類が多く受け入れが煩雑
  • 注文数と入荷数の差異に気づけない
  • 事前に納入計画を把握して効率的に動けるようにしたい

実績班長からのご提案

タブレットで可視化された情報をもとにした業務推進

発注情報を入荷予定として事前に実績班長に連携

実績班長に入荷予定を取り込み
ERPから入荷指示データの自動連携も可能

前日に翌日何が入荷されるか可視化された情報をもとに翌日の稼働計画を立案
当日はタブレットの情報をもとに業務推進

作業のミスを減らし入荷工数の大幅な削減を実現
事前に計画立案ができるため、効率的に作業できます

入荷業務の正確性を上げて対応時間を短縮したい

  • 材料管理
  • 入荷工数削減

現場での
お困りごと

  • 入荷伝票の入力処理に時間がかかる
  • 現品票が手書きだったり、その場でExcelで作成していて正確性が低い

実績班長からのご提案

検品データから現品票と伝票データを自動作成

タブレットに表示された予定データを元に検品を実施。
その場で現品票を自動発行

検品したデータは生産管理・ERP等の他システムへ連携でき、2重入力は必要ありません

データ作成工数を削減
情報連携がスムーズになることで材料欠品のリスクを低減できます

ご相談無料 お気軽に
お問い合わせください

データ収集5つのレベルを解説現場デジタル化ホワイトペーパー簡単登録で無料ダウンロード