テクノシステム実績班長IoT時代の現場特化型
MESパッケージシステム

COLUMN実績班長のコラム

2022.03.04

生産管理とは|製造業における基本の仕事内容や流れをわかりやすく解説

生産管理は、メーカーやアパレルなど、さまざまな製造現場において欠かせない業務です。無駄をなくし、計画的に生産するために、材料や部品の調達から出荷までを管理するものですが、難しくてつまらない、ストレスで大変、管理地獄のよう、といったマイナスイメージを持つ人も少なくありません。生産管理の主な業務内容、問題点、マイナスイメージを払拭する新しい働き方などを紹介します。

生産管理とは

日本工業規格(JIS)の生産管理用語によると、「生産管理」とは財・サービスの生産に関する管理活動のこと。具体的には、品質Q(quality)、原価C(cost)、数量と納期D(delivery)の最適化を図るため、ヒト、モノ、カネ、情報を駆使して管理活動を展開します。需要予測に基づいて、生産計画を立て、材料や部品を調達した後、生産し、統制するのが一連の流れとなっています。

生産管理業務の仕事内容について

生産管理における主な業務の流れについて紹介します。ベルトコンベアで製品を移動させて加工するライン方式、ロット単位で製品をまとめて作るロット方式など、生産方式によって特徴は異なりますが、基本的な業務は下記の通りです。

需要予測

生産管理の業務フローで最初に行われるのが需要予測です。

企業は大量生産を行う際に、将来どれくらい需要されるかを把握する必要があります。需要予測とは、必要なときに必要な分だけ生産するために、将来の需要を予測することです。過去の実績データ、在庫数などの統計データを駆使して、できるだけ正確に需要予測を行うことで、過剰在庫やコストの削減などにつながります。

需要予測にAIを活用すると、より精度の高い予測が可能となり、予実管理、在庫管理にも役立ち、企業の収益を最大化することができます。

生産計画

需要予測に基づいて、生産計画が行われます。生産計画とは、どの製品をどれくらい、いつまでに作り、いつごろ出荷するかなどを計画します。工場では生産計画をベースに、生産に関わる全ての管理計画が進められます。

生産計画は、販売計画、在庫計画と連動して作成することが求められており、生産企画と呼ばれることもあります。綿密な生産計画を作成することで、コストが抑制され、利益の最大化を図ることが可能です。また必要な時期に必要な量だけを出荷できるため、取引先や顧客のニーズに対応できます。

調達・購買

生産計画の後は、資材の調達・購買です。資材の調達・購買は、受注を受けて作成された生産計画に基づいて行われ、必要な資材を必要な量、必要な時期、適切な価格で購入します。必要な資材を、いつ・どこで・どのように・どのくらい調達するかを検討し、スケジュールを立案します。

資材の調達が納期に間に合わない、必要な量が足りない、となると後工程に重大な影響を及ぼすことになります。資材の調達・購買は海外企業と交渉することもあります。

工程管理

工程管理とは、生産時点の情報管理に基づき、製造工程が効率的に流れるように、各工程を管理することです。日本工業規格(JIS)をみると、生産管理と工程管理の違いがあいまいで、工程管理は狭義の生産管理の中の生産統制であると規定しています。

ここでは、工程管理を生産管理の一部ととらえ、同じ目標に向かう全社的な管理活動としています。

工程管理を行うには、工程計画を立案します。作業の手順を明確化した後、1単位製造するのに必要な標準時間を算定します(製造時間管理)。工程ごとの生産能力(キャパシティ)に対する負荷(仕事量)を確認して、作業の優先順位をつけ、最適なスケジュールを組み立てます。このときに重要となるのが、「負荷の山積み」と「負荷の山崩し」です。

「負荷の山積み」は、負荷を期間別に積み重ねていくのに対し、「負荷の山崩し」は、生産能力を超える場合に、負荷を分散させていきます。工程別に「山積み」や「山崩し」を行う場合、リードタイムなどを考慮します。

品質管理

品質管理とは、製品やサービスに一定の品質が備わっていることを検査・検証し、保証することです。顧客の求める一定の品質を維持した製品管理ができなければ、顧客は離れてしまいます。

生産管理システムにおける品質管理は、3つの品質に焦点を当てて業務を進めます。

  • 合致品質…顧客が求める品質
  • 設計品質…設計者が目標とする品質
  • 適合品質…実際の製品の品質

コスト削減と品質はトレードオフの関係で、コストを意識しながら、顧客の求める品質を維持できるかが品質管理のポイントとなります。

在庫管理

在庫管理とは、資材や部品、製品が必要なときに必要な数だけ、手元にあるかを随時確認することです。資材や部品の在庫が少ない、もしくはない状態だと、製品を作りたくても作ることができず、「欠品」状態を招くとともに、納期遅れが生じます。製品の在庫がないと、出荷できずに、販売する機会を失ってしまいます。

資材や部品の在庫が多すぎると、使いきれずに廃棄処分することになり、コストが増大します。製品在庫が多すぎると、保管庫のスペースを圧迫し、保管先を外注することになり、余計なコストがかかります。

製造業における目標設定の考え方

製造業の生産管理システムにおいて、「QCD」の3要素をバランス良く向上させることが目標です。しかし問題となるのが、この3要素がトレードオフの関係にあることです。何かを優先すると、何かを犠牲にしなければならないため、製造管理現場では、目標設定を立てるとき優先順位を考慮しています。

さらに、作り手側の立場と、顧客側の立場でQCDのあるべき姿が異なります。

【作り手側のQCDの意味】
  • Q(品質)…合致品質が達成され、最小品質のコストであるか
  • C(コスト)…利益が確保できる原価であるか
  • D(納期)…顧客が求める納期に納入できるか
【顧客側のQCDの意味】
  • Q(品質)…合致品質が満たされている
  • C(コスト)…安く提供されるか
  • D(納期)…欲しいときに入手できるか

なぜ仕事が「きつい・つらい」と言われるのか?

生産管理の全体の流れを見ても分かるのように、業務領域は広範囲に及びます。生産管理の仕事が「きつい・つらい」と言われる理由は、以下の2つです。

  • 問題・課題点が多い
  • 必要なスキルが多い

生産管理の仕事は幅広く、問題や課題が山積みになっています。生産管理者は、常に手配ミスや誤発注がないか、心配する必要があり、生産が計画通りに進んでいるか気をもんでいます。さらに、必要となるスキルも多いため、敬遠されがちです。

問題・課題点が多い

  • 納期遅れ
  • 手配漏れや誤発注などのミス
  • 部署間の板挟み

生産管理の仕事には、それぞれの業務で問題点や課題が多く、難しいと思う人が多いようです。

生産管理のスタート地点である需要予測でつまずくと、後の業務が台無しになります。調達・購買の業務では手配漏れや誤発注などのヒューマンエラーも起こり得ることから、常に目を光らせる必要があります。

在庫管理も担当者がしっかり管理していなければ、欠品を生み出すことになり、スケジュール通りに進まず、納期が遅れることもあります。

生産管理者は他部署と調整する機会も多く、部署間の板挟みで悩みを抱えることも少なくありません。

必要なスキルが多い

  • 幅広い知識量
  • マネジメント能力
  • コミュニケーション能力

生産管理の仕事には、上記のようなスキルが必要とされます。生産計画から在庫管理までの全体の流れを俯瞰(ふかん)的に見ることができる人、好奇心を持って何事にも積極的に取り組める人、自分の意見が言える人が向いています。生産管理の仕事を行う際に必要な資格はないのですが、生産管理プランニングや生産管理オペレーションの資格を持っていると転職時に有利に働きます。

複数の仕事を同時に求められるとパニックになる人、柔軟性がない人、言われたことしかやらない人は、生産管理の仕事に向いていないといえるでしょう。

生産管理の将来性

DX化、IoT技術の導入により、「きつい・つらい」と敬遠されてきた生産管理の仕事に明るい兆しが見えてきました。生産管理システムの導入により、前述した問題が将来的にすべて軽減されることになります。

生産管理の仕事に向いている人は、より効率的に業務遂行ができるようになります。さらに、ロボットやIoT技術が進み、工場が省人化、無人化したとしても、生産管理は必要不可欠な仕事であるため、奪われることはありません。

改善がより簡単にできるようになり、生産管理システムを使いこなせる人材は引っ張りだこになるはずです。

生産管理の効率化を図るなら実績班長がおすすめ

生産管理の効率化を図るなら、実績班長がおすすめです。理由は以下の3つが挙げられます。

  • 進捗状況を見える化できる
  • 複数工場の稼働状況を一元的に把握できる
  • 効率的に在庫管理できる

実績班長は生産の進捗状況を見える化できます。必要な機能がタブレットに集約されているため、1つの画像で複数工場の稼働状況が把握できます。さらに効率的に受注管理できるため、生産計画に変更があったとしても、即座に対応可能です。

進捗状況を見える化できる

「実績班長」を導入すると、進捗状況の見える化が実現できます。しかも製造オーダーごとの進捗がリアルタイムに把握できるので、前工程の遅延による待ちを解消します。

タブレットではなく、大型モニタに映し出すことで、情報が見える化されるので、生産管理に関わる全てのメンバーのモチベーションが高まります。

実績班長には、製造業における生産管理に対応できる機能がそろっています。会社のニーズに合わせて必要な機能をカスタマイズできるので、使い勝手の良さも評判です。

複数工場の稼働状況を一元的に把握できる

「実績班長」を使うと、離れた工場の稼働状況も把握できます。ネットワークでつながっていると、本社から地方にある拠点を支援する体制を取ることも難しくありません。

本社にいながら複数工場の稼働状況をリアルタイムに見ることができるので、時差のある海外工場の夜間の稼動状況も分かります。コロナ禍で海外出張ができなくても画面を確認するだけでよく、生産管理者の作業負荷が軽減されます。

効率的に在庫管理できる

「実績班長」を導入すると、材料の入荷から製品の出荷まで効率的に管理できます。入荷する材料の種類が多く、受け入れが煩雑になりがちな現場、注文数と入荷数の差異に気付けない現場には特におすすめです。

発注情報を入荷予定として、事前に実勢班長に取り込むことで、業務が見える化します。ERPからの入荷指示データと自動連携もできるため、事前に納入計画を把握して効率的に動けるようになります。

作業のミスを減らし、入荷工数の大幅な削減を実現できるとあって、業務がスムーズに流れます。

生産管理が改善した導入事例

実際に「実績班長」を導入した企業にどのような効果がもたらされたのでしょうか。株式会社プラセス様の導入事例を紹介します。

導入事例1:株式会社プラセス

【導入前の課題】
  • レイアウト変更への対応
  • 担当者変更、人員配置変更によるプログラム変更にかかる手間の削減
  • 詳細なデータの取得によって、異常を品番単位で見える化
【導入後の効果】
  • ワイヤレス通信を採用し、レイアウト変更時の配線の手間を削減
  • 金型命数を管理することによる、メンテナンス時期の見える化を実現
  • オペレーションに実績班長を組み込んで流出欠陥ゼロを実現

工場長が改善に向けてシステム検討を進めていく中で、「実績班長」を見つけました。製品仕様を見る限り、成形機からの情報が収集でき、タブレットから品番情報を紐づけできることが分かりました。実績班長を導入後、流出欠陥はゼロになりました。

現場での運用に合わせて随時機能追加も行っています。今回は、生産管理システムと「実績班長」を連動し、生産管理システム側から段取り作業時の注意事項を製造現場にあるタブレットへ送付するメッセージ機能を追加しました。現在は段取作業時の注意事項として使用しています。導入当初の想定とは違う使い方ですが、現場が使いやすい、効果の出る方法を模索した結果です。

まとめ

製造業において生産管理を行う場合、生産管理システムを導入すると、業務の見える化が実現し、生産管理者の負荷が軽減されます。クラウド上で一元管理するため、ネットワーク上のストレスは感じません。蓄積されたデータはAIにより、多様な分析に使用できます。「実績班長」を導入すると、生産管理の業務全体の効率化も図ることが可能です。現場の進捗状況を把握し、生産管理の業務を推進したいが、改善方法が分からない、といった場合には、お気軽にご相談ください。

ご相談無料 お気軽に
お問い合わせください

データ収集5つのレベルを解説現場デジタル化ホワイトペーパー簡単登録で無料ダウンロード